So-net無料ブログ作成
検索選択

家庭教師のトライと個別指導、指導の柔軟性が高いのは?

カテゴリ: [家庭教師のトライの学習法について]

マンツーマン授業と集団授業の場合、マンツーマンの方が指導の柔軟性が高いことはみなさんご存じでしょう。
特に進学塾の場合、理解できて当たり前という空気が塾の中に流れているため、理解できないお子さんたちが、どんどんと取り残されています。
つまり「指導の柔軟性」というのは、個人のレベルに合わせて授業を進めてくれることであり、理解力を高めてくれる指導こそが、柔軟性の高い指導だと言えるのではないでしょうか。
そんな指導者は料金が高くても納得です。

では、同じくマンツーマン授業である「家庭教師」と「個別指導教室」。
どちらも一対一のために同様に指導の柔軟性は高いように思われがちですが、実は家庭教師の方が柔軟性が高いと言えます。
その理由は、個別指導は授業自体はマンツーマンですが、講師は同時に複数の生徒の授業を見ているからです。

積極的に分からないところを質問できるお子さんの場合、個別指導でも学力や理解力は高まりますし、塾でも十分授業に付いていける可能性を持っています。
しかし積極的に質問が出来ない、または質問したくても何を質問したら良いか分からないからこそ、家庭教師や個別教室に通っているお子さんが多いのではないでしょうか。

家庭教師であれば常に側に講師がいるため、お子さんが勉強につまずいていると感じたら、その箇所を徹底的に指導してくれます。
もちろん個別教室でも同様に指導を行ってくれますが、一度に複数の生徒を相手にしていれば、そのつまずきを見逃してしまう可能性もあるのです。
小さなつまずきが重なりながらも授業が進められていく。
これでは個別指導は、塾となんら変わりないと言わざるを得ません。

そんな個別指導教室のデメリットを無くしたと評判の良い会社が、家庭教師会社最大手の「トライ」が運営する「個別教室のトライ」。
個別指導で見逃しがちなつまずきを見逃さないためにも、トライの個別教室では反復学習システムを取り入れています。

反復学習は心理学では最も頭に定着しやすい学習方法とされており、何度も何度も同じことを繰り返すことによって、忘れないようにする学習方法です。
もともと家庭教師でもこのシステムを取り入れていたトライですが、個別教室ではよりその良さが発揮されています。

もし生徒が分かったふりをしていたとしても、次回の授業の頭に前回の復習をする。
すると、本当に理解ができていれば授業を先に進めることができますし、理解できていなければ、その箇所をもう一度一対一で指導することができます。
これがまさに指導の柔軟性。料金面からみても費用対効果がバッチリです。

理解力を高めるには、生徒のレベルに合わせて授業を進めていく方法が一番なのです。
そのため、一般的には家庭教師の方が個別指導よりも理解力が高まると言われていますが、トライの場合はそうとは言えないのかもしれません。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。